Amazonギフト券の買取り - 換金マックス

Amazonギフト券を現金で買いたい場合はどうすればいい?

Amazonギフト券を現金で買いたい場合はどうすればいい?

Amazonのサイトで販売されているAmazonギフト券は種類(タイプ)によって可能な支払い方法が異なる

Amazonのサイトで販売されているAmazonギフト券は、「Eメールタイプ」「カードタイプ(配送タイプ)」などいつくかの種類がありますが、そのタイプによって選択できる支払い方法が限定されます。「Eメールタイプ・印刷タイプ」はクレジットカード払いしかできません。「カードタイプ(配送)」はクレジットカード払いの他、代金引換払いやコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが選択できます。「チャージタイプ」は代引きはありませんが、クレジットカード払い・コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが選択できます。

コンビニ払いとは?

現金による支払い方法は「コンビニ払い」「代引き払い」「ATM」「ネットバンキング」ということになりますが、「コンビニ払い」は利用できるコンビニエンスストアが限定されています。「コンビニ払い」が可能なコンビニは「セブン-イレブン」「ローソン」「ミニストップ」「ファミリーマート」「サークルKサンクス」「デイリーヤマザキ」「ヤマザキデイリーストア」「セイコーマート」「スリーエフ」です。アマゾンで商品注文後に発行される「お支払い番号」を店頭設置端末(Loppi、Famiポート、Kステーション、クラブステーション)で入力してバーコードを発券または店頭で伝えて支払います。

ATMや銀行振込みで支払う方法

「ATM払い」は特定の金融機関のPay-easy(ペイジー)ロゴがあるATMで利用可能です。ATMから振込み際には「収納機関番号」「確認番号」「お客様番号」が必要です。銀行振込みはネットバンクのみで、「ジャパンネット銀行」「じぶん銀行」「住信SBIネット銀行」が対応しています。以上の各ネットバンクのホームページから支払うのではなく、「お支払い番号お知らせメール」に記載されているURLからアクセスして支払うかたちとなります。

店頭で販売されているAmazonギフト券

コンビニやスーパー、量販店などの店頭で販売されているAmazonギフト券(カードタイプ・シートタイプなど)は、基本的には現金払いでしか購入できませんので、確実に現金で買いたいという人は店頭販売Amazonギフト券を購入するとよいでしょう。

店頭のAmazonギフト券は【ロック】が掛かることがあるので注意

店頭のAmazonギフト券は【ロック】が掛かることがあるので注意

店頭で販売されているカードタイプ・シートタイプのAmazonギフト券は正規に購入した物でも【ロック】が掛かる場合があります。ロックとはギフト券を一時的に使えないようにするアマゾンジャパンの処置です。何故正規に購入したギフト券にもかかわらずアマゾンがロックを掛けるのかというと、それには「詐欺事件」が関係しています。近年、現金の代わりに電子ギフト券番号を送らせる詐欺が横行しています。出会い系やアダルトサイト利用料の架空請求などをかたって、その料金を振込みではなくメールで電子ギフト券番号で送らせる詐欺です。Amazonギフト券は流通量が多く換金しやすいので、これらの詐欺にAmazonギフト券が利用されているのです。ネット購入のAmazonギフト券は購入に手間がかかったり足がつきやすいので、逆に足がつきにくく簡単に買えるコンビニのAmazonギフト券が利用されています。そしてこのような詐欺被害を未然に防ぐ目的で、アマゾンが「ランダム」にギフト券にロックを掛けて、利用者からの問い合わせ後、不正でないと確認できたらロックを解除する処置を取っているのです。正規に購入したギフト券は手続きを踏めばロック解除して使用できるようになりますが、手間と時間がかかるので、店頭販売のカードタイプ・シートタイプはお薦めできません。またカードタイプ・シートタイプのAmazonギフト券はロックの懸念から買取不可の業者が多いのも事実です。

PAGE TOP ▲