コンビニなどで売っているAmazonギフト券とKindle券の違いは?

Amazonギフト券の買取り - 換金マックス

コンビニなどで売っているAmazonギフト券とKindle券の違いは?

Amazonギフト券とKindle券の違い

名称が違うだけで同じものです

コンビニや家電量販店・スーパーなどの店頭で吊り下げられてるカードタイプのAmazonギフト券。その横に「Kindle」と書かれたAmazonギフト券を見かけることがあります。実はこの二つ、名称やデザインは違いますが、ギフト券としての価値は全く同じものです。いずれもアマゾンサイトのアカウントにギフト券番号を登録し、アマゾンのサイトで商品や書籍(Kindleを含む)の購入に使うことができます。

「Kindle」って何?

「Kindle」(キンドル)とはアマゾンが販売している電子ブックリーダー端末またはそのサービスのことです。Kindle端末の形状はタブレット端末と同じですが、電子書籍や新聞記事をダウンロードし読む為の端末です。アマゾンでは「Kindle本」という電子書籍がダウンロード販売されており、これらは「Kindle端末」などの端末にダウンロードして閲覧できます。iPhoneやAndroidなどのスマートフォンに専用アプリをインストールすれば、Kindle端末以外でも「Kindle本」を読むことは可能です。

Kindleって何?

「Kindle Amazonギフト券」は図書カードみたいなもの?

「Kindle Amazonギフト券」は「Kindle本」の購入以外に、アマゾンサイトでの他の買い物にも使えますが、「贈り物」という観点からみれば「Kindle Amazonギフト券」は図書カードみたいなものだと思います。電子書籍以外の物も買えますが、ギフトとして「本でも買って下さい」という気持ちを込めることができます。貰った側はギフトコードをアカウントに登録してしまえばアカウント残高に加算されるので、「Kindle Amazonギフト券」とノーマルな「Amazonギフト券」の区別はつきません。

Amazonギフト券とKindle券を間違って買ってしまった時はどうする?

Amazonギフト券類は基本的には購入後のキャンセルはできません。間違って購入してしまったものは使用して消費してしまうか、譲渡または売却するしかないです。しかし先述のとおり、Amazonギフト券とKindle券の価値は同等なので、間違って購入してしまったからといって困ることもないと思います。プレゼント用だとしても、通常の「Amazonギフト券」としてプレゼントすれば特段問題ないでしょう。

Amazonギフト券とKindle券を間違って買ってしまった時はどうする?

「Kindle Amazonギフト券」って買取りしてもらえるの?

「Kindle Amazonギフト券」は通常の「Amazonギフト券」と価値は同等ですから、買取りの価値は変わらないと思います。しかし買取り業者によって買取り可能な「Amazonギフト券のタイプ」というのがありますので、事前に確認が必要です。Eメールタイプの「Amazonギフト券」であれば殆どの場合、買取り可能だと思いますが、当店のマックスのようにカードタイプや印刷タイプの「Amazonギフト券」を買取りしていない業者もありますので注意が必要です。

PAGE TOP ▲