Amazonギフト券の買取り - 換金マックス

Amazonギフト券が送られてきたけど誰からの贈り物かわからない時はどうすればいい?

Amazonギフト券が送られてきたけど誰からの贈り物かわからない時はどうすればいい?

『お客様からAmazonギフト券をお贈りします』という件名でギフト券メールが届いたら

Amazonギフト券EメールタイプはAmazonのサイトで購入の際に、【受取人のメールアドレス】に指定した宛先にギフト券メールが届く仕組みです。受取った側は、『山田様からAmazonギフト券をお贈りします』というようにメールの件名に記載されている名前で「贈り主」がわかるようになっています。しかし送信者(贈り主)がAmazonのサイトで【贈り主名】の入力を忘れてしまいますと、受信側には『お客様からAmazonギフト券をお贈りします』というように無記名でギフト券が届いてしまいます。事前に連絡を受けていたりして心当りがあれば見当もつきますが、場合によっては誰から送られたギフト券なのか全く判別不可能な事態も起こり得ます。

Amazonカスタマーに電話して「贈り主」を確認する

Amazonカスタマーに電話して「贈り主」を確認する

Amazonは当然ギフト券の発送履歴などの情報データを管理していますので、Amazonカスタマーに電話して「贈り主名が不明のアマゾンギフト券が届いた」と報告すれば、「贈り主」を特定してくれるはずです。ギフト券を受取ったメールアドレス、送付日時、場合によっては受取人の氏名、電話番号などをAmazonカスタマーの担当オペレーターに伝え、「贈り主」から連絡を入れてもらうか、ギフト券を再度名前を入れて再送してもらうよう依頼すればいいでしょう。「贈り主」の名前をAmazonカスタマーから教えてもらうことは個人情報にかかわることですので不可能だと思います。あくまでも「贈り主」から受取り人に連絡を入れてもらう方法になります。

なぜ名前を入れ忘れるのか

Amazonギフト券Eメールタイプの購入画面の入力項目に「贈り主」という項目があります。そこに名前をきちんと入力すればギフト券メールの件名に『山田様からAmazonギフト券をお贈りします』というように贈り主の名前が表記されますが、入力を忘れると無記名で送信されてしまいます。初めてギフト券を送信する人は慎重に確認しますので名前の入力の不備もほとんどないと思いますが、何度かギフト券を送信した経験がある人ほど確認を怠り入力ミスをしがちです。また、Amazonの表示画面の仕様変更により、もともとデフォルトでアカウント名(名前)が入っていたが、ある日突然、手入力による名前入力が必要になった、というケースもあります。この場合、いつも自動で名前が入っているので自分で入力する習慣がなく、そのまま無記名で送ってしまうという事態が発生してしまいます。いずれにしても「名前の入力」は重要ですので、これからAmazonギフト券Eメールタイプを送ろうと検討されている方はくれぐれも贈り主名の入力漏れに注意しましょう。

PAGE TOP ▲