Amazonギフト券の買取り - 換金マックス

クレジットカードを持ってなくてもアマゾンで買い物する方法

クレジットカードを持ってなくてもアマゾンで買い物する方法

ネットショッピングでの決済はクレジットカードが主流?

Amazonなどネット通販サイトで買い物する時の支払い方法は、かつては「銀行振込み」や「代金引換払い」が一般的でしたが、最近は「クレジットカード払い」や「コンビニ払い」が主流です。「クレジットカード払い」は代引きや銀行振込みのように手数料がかからない上、決済確認の反映も即時である為、ネット決済においては郡を抜いて利便性が高いといえます。与信審査が必要な一般的な「後払い」のクレジットカードを持っていなくても、銀行口座の残高以内でしか利用できない「デビットカード」があれば、クレジットカードの代替決済方法として活用できます。「デビットカード」は主にネットバンクのサービスとして発行されているケースが多いですが、お薦めとしては利便性の高い「VISA」が付いていて「年会費無料」のデビットカードがよいでしょう。

クレジットカードがなくてもAmazonギフト券で買い物できる

ネット通販大手ECサイトのアマゾンの利用においても、クレジットカードやデビットカードがあれば便利ですが、それらがなくてもAmazonギフト券を利用することでアマゾンで買い物することが可能です。Amazonギフト券はアマゾンサイト以外にコンビニなどの店頭でも販売されているのでクレジットカードを持っていなくても現金による入手が可能です。店頭で購入したAmazonギフト券を自分のアマゾンアカウントに登録すれば残高をチャージでき、すぐに買い物に使うことができます。また店頭のAmazonギフト券には1,500円~50,000円の間で指定した金額で購入できる「バリアブルタイプ」というギフト券があります。買いたい目当ての商品とピッタリの金額(送料等含む)をバリアブルで買えば、アマゾンのアカウントに残高を残さずに使い切れます。

「バンドルカード」にチャージして買い物する

「バンドルカード」にチャージして買い物する

バンドルカードとうバーチャルなアプリ型のプリペイドカードがあります。アプリをインストールしてアカウントを作ればすぐに使えるバーチャルカードです。セキュリティの観点からチャージ上限金額などありますが、ネットでちょっと買い物する程度なら問題ないでしょう。チャージ方法も豊富で、クレジットカードやドコモケータイ払い以外にもコンビニのレジで現金でチャージする「コンビニ払い」もあります。予めチャージしておいた金額しか使えないので「使い過ぎ防止」にも効果有りです。Amazonギフト券はアマゾンでしか利用できませんが、「バンドルカード」はアマゾン以外のサイトでも利用できるのが魅力です。

「バンドルカード」よりもAmazonギフト券の方が手続きは早い?

バンドルカードはアマゾンサイト以外でも使えるというメリットがありますが、アマゾンのサイトに限るのであれば断然Amazonギフト券の方が使い勝手がよいです。バンドルカードはクレジットカードではなくプリペイドカードですが、アマゾンの決済で利用する際はクレジットカードとして認識されますので、決済の承認に時間が掛かるケースが稀にあります。また注文をキャンセルした場合の返金処理がややこしく時間も掛かります。一方Amazonギフト券は買い物の際に承認はありません。買い物の決済手続きをすぐに完了させることができます。但しAmazonギフト券は「プライム会員」の年会費の支払いには充てられません。プライム会員になりたい場合は「デビットカード」「バンドルカード」等でクレジットカード決済を登録する必要があります。

PAGE TOP ▲